にゃんこ達@お町の部 
DSC_0456.jpg
『ガー』
IMG00843.jpg
『グロー』
DSC_0469.jpg
『りっとん』
IMG00866.jpg
『ピカリ』
IMG00699.jpg 『メロディ』
IMG00809.jpg 『ミル太』 IMG00687.jpg 『マリリン』 IMG00838.jpg 『ぼく』 DSC_0944.jpg 『プーチャ』 IMG00579.jpg 『よもぎ』
DSC_0916.jpg 『タン』 DSC_0935.jpg 『ぐー子』 IMG00608.jpg 『ごん子』 DSC_0798.jpg 『ロール』 DSC_0826.jpg 『くの』
DSC_0795.jpg 『カッツ』 DSC_0800.jpg 『シュガー』 DSC_0890.jpg 『ちゃべす』 DSC_0717.jpg 『トラ』 DSC_0731.jpg 『ハート』
DSC_0676.jpg 『ごんぞー』 DSC_0684.jpg 『たいし』 DSC_0737.jpg 『みっこさん』 DSC_0604.jpg 『ライニー』 DSC_0554.jpg 『ヒヨ』
DSC_0612.jpg 『BUSSA』 DSC_0541.jpg 『メロン』 DSC_0651.jpg 『マシュオ』 DSC_0470.jpg 『ライン』 DSC_0463.jpg 『カニー』
DSC_0485.jpg 『レボ』 DSC_0435.jpg 『U字』 DSC_0039.jpg 『おにぃ』 DSC_0441.jpg 『マイ』 DSC_0418.jpg 『チャム子』
DSC_0449.jpg 『ポコ』 DSC_0406.jpg 『フロン』 DSC_0399.jpg 『タヌ子』 DSC_0376.jpg 『ペコ』 DSC_0374.jpg 『マシュ子』
DSC_0411.jpg 『チョビ太』 DSC_0346.jpg 『ぐんて』 DSC_0336.jpg 『さんば』 DSC_0328.jpg 『シナモン』 DSC_0334.jpg 『るんば』
DSC_0371.jpg 『B作』 DSC_0050.jpg 『ナコ』 DSC_0102-2.jpg 『グロ子』 DSC_0072.jpg 『ワリ子』 DSC_0091~01 『いけ』
DSC_0321.jpg 『おかあさん』 DSC_0063.jpg 『モンロー』 DSC_0062~01 『ミワニー』 DSC_0058~01 『おた』 DSC_0069.jpg 『ブービー』
DSC_0019.jpg 『B子』 DSC_0016.jpg 『なす子』 DSC_0020.jpg 『ILL』 DSC_0018.jpg 『ぎん太』 DSC_0029.jpg 『のん』
DSC_0008.jpg 『ミワ』 DSC_0010.jpg 『センター』 1361375504544.jpg 『オフジ』 1361458179319.jpg 『メロディ』 1361189931010.jpg 『チャップ』
1360770352196.jpg 『わんれん』 DSC_0742.jpg 『リューション』 1361375314604.jpg 『テン子』 1361189983667.jpg 『おじぃ』 DSC_0015.jpg 『りんだ』
DSC_04561.jpg 『キー』
 
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



Animal3rdEyes【本館】へ→



多頭飼育崩壊寸前
2010年09月08日 (水) | 編集 |
2009年4月私達はこのような↓ブログを別枠でアップしました

☆.+゚'・:*+☆.+゚'・:*+☆.+゚'・:*+☆
19匹の猫達と生活してきた飼い主さんが
『癌』を宣告されてしまいました
今、治療をすれば間に合います
しかし治療を終えても、完全復帰するまでには
かなりの時間を要する事もあり
このままの頭数と暮らしていくには
猫達にも飼い主さんご自身にも
負担になりかねません
猫達の事を思い
1度は入院治療を諦めていた飼い主さんですが
猫達の事をよく考え
少しでも、今よりも、
猫達にとって安住の場所が見つかれば・・・
と、中でも若い仔達の新しい里親さんを募集すると共に
治療に踏み切る事にしました
飼い主さんの入院治療中
残りの仔達のお世話は
私達A3Eが交代で行っていきます
たいしたお世話はできないかもしれない・・・
でもとにかく今は
ここの仔達にとって大好きな飼い主さんに
猫達の為に
治療に専念してもらいたいんです
どの仔も皆
室内にて大事にされてきました
綺麗でとっても甘えんぼさんです
よろしくお願いいたします

☆.+゚'・:*+☆.+゚'・:*+☆.+゚'・:*+☆

その後飼い主さんの治療方針が変わり
入院はせず通院となったため
私達は里親探しのみのお手伝いをする運びになりました
飼い主さん本人ももちろん里親さん探しを続行していました

しかし
里親さんが見つからない子達の
避妊去勢の約束が果たされないまま・・・

仔猫だった子達ははあっという間に大きくなり
シーズンを迎えます

あれから半年

成猫仔猫合わせて30匹(そのうち2匹妊娠中)


独り暮らしのうえ
病気療養中のため思うように働く事ができない飼い主さん

今ではもう

自分の治療はおろか
今後猫達にご飯すらあげられない

飼い主さん本人が生活苦となってしまったのです

八方塞がり・・・


この仔達を 処分 ではなく
「家族」なので一緒に遠くへ行こうかと・・・
もう、誰にも迷惑をかけたくないんです。



どんな理由があっても
最低限の義務を怠った責任は重大です
この仔達に罪はありません

人間には
命を守る法律がたくさんあります

でもこの仔達には
そんな法律は無いんです

飼い主さんもわかっています

私達自身、もっと早くに行動に移せば・・・

と悔やむところはたくさんありますが
正直悔やんでるヒマはありません
飼い主さんを責めているヒマもありません


飼い主さんから
猫達を離す決心をいたしました



誰にも迷惑をかけたくないと言う飼い主さんと
何時間も交渉を重ねました

1匹でも多くの子達が幸せを掴めるようにしたい


みなさまのご協力をいただけたら嬉しい限りです


いつの日かまた
すべての猫達と飼い主さんに笑顔が戻りますように・・・

多くの方に知っていただきたいので1日1回ポチっとよろしくお願いいたします
↓↓↓
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

バナー※リンクフリーです※

その際メールフォームにてご連絡を頂けたら嬉しいです


Animal3rdEyes【本館】へ→



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。